仕事以外でも使える

標識

3つの種類と取得条件

牽引免許には、大きく分けて3つの種類があります。1つ目が「牽引自動免許」となり、750kg以上の貨物トレーラーや荷物をトラックに連結させて走る際に必要な免許です。2つ目が牽引第二種免許です。こちらはお客を乗せて走るトレーラーバス等を運転する際に必要になります。3つ目が「引率小型トレーラー限定免許」です。750〜2000kg以下のトレーラー限定で運転する事ができます。牽引免許を取得する事で仕事内容のスキルアップが可能になります。会社によっては取得するだけで、給料が上がるケースもあります。仕事以外でも使い道は十分にあります。キャンピングカートレーラーの運転が可能になり、ボート等を所有している場合は、後ろに連結させて牽引する事もできます。特にアウトドアで活躍する機会が増えるので、取得しても損はありません。牽引免許の取得にはいつくかの条件があります。牽引免許第一種で必要な条件は、大型免許や普通免許、そして大型特殊免許のいずれか1つを取得している必要があります。そして18歳以上であること、色彩識別能力において正常に識別できているかの検査をあります。その他にも深視力と聴力も基準値に満たしていなければいけません。第二種の条件はさらに厳しく、上記の内容にさらに普通免許等の取得から通算3年目であることです。21歳以上であることなど人を乗せて走る為、条件は厳しくなります。牽引免許を取得する条件は、基本的に普通免許等、行動で走る車の免許を取得している事が条件になります。

Copyright© 2018 目的に合わせて免許を取得【牽引免許には三種類ある】 All Rights Reserved.