取得条件を確認しておこう

男性

事前準備が大切

車に何かを連結させて運びたい場合、牽引免許という資格が必要になってきます。仕事で使用する時はもちろんですが、アウトドアなどに出かける際にトレーラーを使うなら、やはり牽引免許を取得しておかなければいけないのです。そこで牽引免許を取るために必要なものや、どこで試験を受ければ良いのかなどを覚えてきましょう。まず、前提として牽引免許は満18歳以上でなければならず、さらに両目の視力が0.8以上、片目がそれぞれ0.5以上ないと駄目です。他にも色彩識別ができることと、深視力と聴力が決められた数値を上回っていないと受験資格を得られません。それから大型、普通、大型特殊のいずれかの免許を取得しておく必要あり、所持していないなら先にこちらを取っておきしょう。これらの条件を満たしているのなら、次はいよいよ牽引免許の取得に取りかかるわけですが、やり方は大きく分けて二通りあります。一つは独自に勉強をして、直接試験会場に向かうという方法です。いわゆる一発試験や、飛び込みなどと呼ばれるもので、時間を節約できますし、費用も数千円で済むのがメリットです。周りに牽引の指導をしてくれる人がいるなら、しっかりと学び、自信がついたらチャレンジしてみると良いです。ただ、何度も挑戦することになり、結果的にこちらの方が費用がかかることも珍しくありません。そのため不安を感じるなら教習所に通いましょう。合宿免許も行っている場合があって、費用は数十万円ほどかかります。

Copyright© 2018 目的に合わせて免許を取得【牽引免許には三種類ある】 All Rights Reserved.