免許を取得する

標識

牽引免許は大型車両にトレーラーを連結して、曲がる際の車両感覚やバック時のハンドル操作が難しい特徴を持っています。教習所の選定時には運転のコツを判り易く教えてくれたり、ネット予約や卒業生割引きなどの比較が大切です。

詳しく見る

取得までの流れ

教習所

覚えておくと便利なこと

牽引免許は取得するのが難しいものの、あれば就職しやすかったり、給料が増えたりと何かと良いことが多いです。そこで牽引免許を取るまでの大まかな流れだけでも覚えておきたいものです。ちなみに牽引免許には三種類あるのですが、どのような目的で取得したいのかによっても変わってきます。まず、第一種運転免許証ですが、750キロ以上の貨物トレーラーや台車にのせた荷物を、自動車につないで移動させることができるものです。一般的に牽引免許と言うと、第一種運転免許証のことを指しています。次に牽引第二種免許というものがあるのですが、これは電車のように車両を連結させているトレーラーバスなどを運転するために必要です。他にも牽引小型トレーラー限定免許があって、750から2000キロ以下なら牽引できます。教習所によっては、ライトトレーラー免許などと呼んでいる場合もあります。さて、牽引免許の取得の流れですが、いわゆる飛び込み試験という方法を選ぶなら、試験場に行き、技能試験を受けることになります。そして適性検査にも合格できれば、牽引免許を取得できるのです。もしも一発で合格する自信がないのであれば、教習所に行きましょう。適性検査と12時間の技能講習が受けられます。その後、卒業検定に合格できれば、牽引免許が手に入ります。普通自動車運転免許と同様に、合宿免許も行なっている教習所がありますから、短期間で取りたいのなら検討しておきましょう。合宿を利用すれば、短期間で安価に運転免許を取得できるという点が魅力だといえますが、他にも他の運転免許を同時に取得できるというメリットがあります。大型車と一緒に牽引免許を取得したり、大型特殊免許と牽引免許を同時に取得することも可能なので、目的に併せて利用しましょう。

取得条件を確認しておこう

男性

牽引免許を取る前に、まずは視力や聴力、色彩識別などの適性があるのかをチェックしておき、大型や普通、大型特殊免許を取得しておきましょう。直接試験会場に行っても構いませんが、自信がないなら教習所に通うのが無難です。

詳しく見る

仕事以外でも使える

標識

牽引免許には第一種と二種、そして引率小型トレーラー限定免許の3つになります。これらの免許の取得受験には、普通免許等を所得しておかなければなりません。特第二種牽引免許には、普通免許を取得してから3年経たなければ取得できない事になっています。

詳しく見る

特殊技術習得が有利な理由

DRIVING SCHOOL

就職活動や就業先の職場で牽引免許が必要となる場合、最近では、企業からの全面的なサポートを受けられるケースが増えて来ていることから、費用面や時間面の負担を大幅に軽くすることが十分に可能です。このことから、自動車学校では、牽引免許の教習に人気が集まっています。

詳しく見る

取得しているととても便利

模型

牽引免許を取得する事で仕事の幅が広がります。そんな牽引免許ですが、自分で練習して試験を受ける方法と自動車教習所や合宿免許に通いしっかり勉強してから試験を受ける方法と二通りあります。合格率が高いので後者を選ぶ人が多いです。

詳しく見る

Copyright© 2018 目的に合わせて免許を取得【牽引免許には三種類ある】 All Rights Reserved.